アラサーは毎日のマッサージでたるみ改善

10代の頃は鏡を見ても顔周りのたるみなんかは全然気になったことがありませんでした。20代前半もそこまで気にするほどたるんではいませんでした。しかし、20代後半になってから毎日鏡を見るたびに段々と頬がたるんできてるような気がしました。原因を考えたら、まだまだ自分が若いと思って日焼け止めを顔に塗らずにガンガンに日差しを浴びていたことなのかなと。そして加齢によるたるみ。この2つによって私の顔はたるんできたのだと思います。アラサーの今、この顔のたるみから目を背けてしまったら今後もっと悲惨なことになると思い、ネットや本などでたるみ改善についてとことん調べてみました。世の中の女性が気にしていることだからか沢山のたるみ改善情報がありました。その中で一番手っ取り早い改善案はやっぱり整形でした。しかし自分の顔に何かしてしまうのは抵抗があるのでこの案は無しでした。次にエステなんかも効果抜群…だとは思いますが、さすがに定期的に行けるほどリッチな暮らしはしていないので、この案も無し。お金をかけずにズボラな私でもできるたるみ改善方法は無いかと模索していたら、よさそうな改善方法を発見しました。どういうものか説明すると、お風呂上がりに顔に化粧水、乳液を塗った後、保湿系でも何でもいいのでクリームを手に取り、頬から首までたっぷり塗り、あごのラインに沿って中指と人差し指で優しく頬の上までなぞっていきます。これをゆっくり5分ほど繰り返し行います。この時若干上を向きながらやると効果が上がる…ような気がします。それが終わったら仕上げに親指と人差し指の間であごのすぐ下から鎖骨の方まで、首を優しくなぞっていきます。これを2分くらい繰り返します。クリームが無くなってきて滑りが悪くなってきたら、少し追加しながらやります。この方法を毎日お風呂上りにやります。ズボラな私でも、夜のスキンケアのついでにやっている感じなので、今のところ続けられています。4か月ほど続けているのですが、ほんの少しですがフェイスラインがスッキリしてきました。そして頬のたるみが改善されたような気がします。