二重アゴの悩みにはリファカラットで毎日リフトアップ

としと共に気になるフェイスラインのたるみ、人は歳をとることによって重力が下に下がることによってたるみへと繋がっていきます。若い頃は弾力があって張りがでてても30代を過ぎるとコラーゲンやエラスチンが減少することによって頰が下がってしまい、たるみとして現れます。私は特に昔から顔の肉が人よりも多く体の割には顔の肉付きのせいで太ているように見られてました。浮腫みやすさもあったので浮腫みがひどい時は余計に顔が大きく見えて悩んでいました。今は若い頃の張り感は、落ち着いてきましたがそれにプラスとしてたるみも加わり二重アゴも悩みのタネとなってしまいました。仕事上、接客から事務職になったため笑う機会が減ったため口角が下り余計に下に下がってしまいました。このままでは10年後はもっと悲惨になると感じ改善策としてフェイスマッサージをお風呂上がりか入浴中にするようにしています。入浴中はマッサージクリームなどを使用して下から上へリフトアップするようにマッサージ、お風呂上がりは乳液を付けてからのフェイスライン引き上げのマッサージなどもしています。1日の顔の疲れが凝り固まり筋肉が硬直しているので頰あたりの筋肉もほぐすように親指と人差し指で顎から耳下腺まで持ち上げるようにして首筋に流します。それを数回繰り返すと不思議とスッキリした感じになります。時間があれば以前に購入したリファカラットも使用します。このリファカラットへマイクロカレントという微弱な電流を発していて肌に密着することによって、この電流が筋肉へと刺激を与えてくれます。数回リファカラットで引き上げることによって片方の頬だけがピンッと上がるほど見た目にも現れるので、効果は高いです。でも、それは毎日の積み重ね次第なので1日でもサボると元に戻ってしまうため、習慣化することが大事です。私はこの手でのマッサージとリファカラットを使用することによって20代の頃に比べてフェイスラインがスッキリとして、周りから痩せたと言われるようになりました。