専業主婦がお金をかけずにコツコツたるみを改善している方法

顎のラインを筆頭に、顔全体がたるんできているのを少し前から実感しています。サロンやエステに定期的に通えば、きっと効果も出て来るんだと思うんです。でもさすがに、専業主婦にはそんな金銭的余裕はありません。自宅で特別な器具を使わずに自分で出来る方法で対処していくしかないんです。最近、よく鏡でファイスラインのたるみを観察してみます。すると、こめかみより上の髪の生え際から指一本分ぐらいの頭皮をキュッと上に引き上げると、ほぼ5年ぐらい前の顔に戻ることに気付きました。これに気付いた時、顔のたるみは顔の皮膚だけで起こっているんじゃないんだとしみじみ思いました。一日中ずっとそこの頭皮を引き上げていることは不可能なので、お風呂上りにそこらへんの髪を引き上げて上で縛っておくようにしています。こんなことで効果があるのかって思われるかもしれませんが、一ヶ月ほど続けてみたところ、口角から延びる皺と顎のラインが少し改善されてきました。とは言っても、完全にたるみが解消できたわけではないので、現在も継続して実施中です。後は、シャンプーの時にも頭皮を上へ持ち上げることを意識しています。フェイスライン周辺だけじゃなく、耳周りも結構重要だと思うんです。頭皮は動く方が良いと言われますけど、動くと言うことは全体的に下がると言うこともあり得るわけで、その部分がもろに弛みを生む部分じゃないかと思ってます。たるんでいる場所ばかりに気を取られて、ついそこばかりマッサージしたりしそうになりますけど、私は出来るだけたるみ自体は触らないようにしています。たるむ原因は、その場所じゃなくてその延長線上の上や下にあると思っています。以前から、頬の筋肉を動かす体操をしたり、首のマッサージも良くやっています。顔のスキンケアと同じように首にも化粧水などのラインでケアしています。リンパを流すには上から下が良いと言われていますので、首の正面は下から上に、再度は上から下に優しくスキンケア用品を伸ばすようにしています。ファイスラインがたるんで崩れて来ると、そのまま首へなだれ込んでしまいそうなので、首をケアすることで何とかそれは防ぎたいと思っています。